opus design - オプスデザイン

2011.03.18 Press - PANTALOON

opus editors

SCHMUCK2 exhibition
「A POSSIBLE DIMENSION」


※3日間、会期延長致します!
3月19日(土)・20日(日)・21日(月・祝)[13:00-19:00]

=====================================

sch2_bless_380.jpg


アーティストやデザイナー、芸術理論家といった異なる文化的背景を持つ人々を組み合わせ、ジュエリーの境界や多様性をテーマに、1997年から国際的な展示プログラムを続けている「SCHMUCK2」(シュムック ツヴァイ)による展示プロジェクト「A POSSIBLE DIMENSION」を、2011年1月15日(土)から3月13日(日)にかけてPANTALOONにて開催いたします。

今回は美術史家のアンネ・シュレーンをキュレーターに迎え、新しく、また従来とは違ったジュエリーの展望を今回の展示プロジェクトで考察していきます。展示空間において、いわゆる「従来の」ジュエリー作品を目にすることはないでしょう。むしろ、ジュエリーをジュエリーたらしめる伝統的に認識された境界に挑戦する作品群に出会います。現象としてのジュエリーについて、新しく、また、多面的な視点を紹介し、ジュエリーの機能と妥当性を考慮する伝統的な規範に疑問を投げかけます。「ジュエリー」というテーマの現代的解釈と、他のメディアにおける概念と対象の両方としての「ジュエリー」の急増に、この展覧会は注意を払います。

また、招聘アーティストの1人、ドイツ人アーティスト、カロリーネ・バイヤーによる「リーディングルーム」というサイトスペシフィックなインスタレーション空間を会場内で作り上げます。シュムック2の視点から選ばれたジュエリーの広い領域を反映する本や雑誌、さまざまな(ジュエリー)の出版物に、その部屋で目を通していただけます。

今展はSCHMUCK2と大阪新町にあるギャラリーstudioJ、PANTALOONによる共同のプロジェクトです。

詳しくはこちら


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
参加アーティスト / デザイナー

・カロリーネ・バイヤー(Caroline Bayer)
・ブレス(BLESS)
・ハイケ・ボリヒ(Heike Bollig)
・ダニエル・クノル(Daniel Knorr)
・マイク & ディルク・ルッベルト(Maik und Dirk Lobbert)
・ズスカ・マッカート(Suska Mackert)
・小川直子(Naoko Ogawa)
・ヴァレンティーナ・サイデル & スーザン・ピーチ(Valentina Seidel & Susan Pietzsch)
・冨井大裕(Motohiro Tomii)
・シュテファン・ヴィシュネヴスキ(Stefan Wischnewski)




=====================================
SCHMUCK2 exhibition
「A POSSIBLE DIMENSION」


○会期:
2011年1月15日(土)- 3月13日(日)[open:土・日のみ 13:00-19:00]
※3日間、会期延長致します!
3月19日(土)・20日(日)・21日(月・祝)[13:00-19:00]


○会場:
「PANTALOON」(パンタロン)
大阪市北区中津3-17-14
Tel. 06-6377-0648
Maill. info@pantaloon.org

←Previous PageNext Page→

Design News

Design Newsについて

関西のクリエイティブなデザインに関する情報を発信しています。デザイナーからのプレス、ショップ、ギャラリーから最新の情報を随時更新。

opus Design ホームへ

New arrival

Category

Information

コンテンツを再生するにはFlashPlayerが必要です。
ダウンロードページ

POWERED BY OPUS

opus-design.jpは、デザインという側面から物事を再編集する、新しい感覚の情報サイトです。「人・場・モノ」の3つのカテゴリーを軸に、関西のクリエイティブ情報をお届けします。

Management
OPUS DESIGN Inc.

Phone 06 6125 1556
Facsimile 06 6125 5598
contact@opus-design.jp

Support
ECS Co.,ltd / miranda.co


------------------------------------------
OPUS
make field.